序盤攻略

大三国志は内政や出兵と数々な要素が入っており何から手を付ければいいか迷ってしまうが、効率的にプレイするにはある程度戦略的に進めていく必要がある。
ここでは序盤を効率的に進め、スタートダッシュを決める為の方法を解説します。

統帥庁建設

序盤における転機とも言えるのが部隊に武将を3人配置できるようになる時だろう。

部隊に武将が2人と時と比べると単純に1ターンでの攻撃回数が1.5倍になる為、より強大な敵に勝てるようになり、なおかつ部隊の被害も最小限に抑えることができる。

部隊コストの面で、どんな武将でも配置するといった事は出来ないが、それでも戦闘は大幅に有利になる。

では、その部隊に武将を3人配置できるようになるには一体どうすればいいのか?
答えは総帥庁の建設である、総帥庁の建設は城主府のLvを4に上げると可能になる、では、それまでのチャートを詳しく説明しよう。

施設のレベルアップ

序盤は任務の順番に施設のレベルアップを行っていこう。

任務の順番通りにやらないと任務報酬で資源を入手できない為、途中で資源不足に陥ってしまう。
そうならない為には任務の順番に沿って施設のレベルアップを行っていこう。
放置具合によっては資源があふれてしまう事もあるので、その辺りは調節しておこう。

任務の順番通りに進めると、ゲームシステムを理解しながら進められる点も嬉しい。

出兵する土地

序盤から土地Lv2の領土を獲得する事は可能だが、獲得できる資源もLv1とさほど変わらない(Lv2の土地は木材、石材、鉄の数値が高くない分兵糧がある)為、最序盤はLv1を優先して領地を拡大しよう。

武将が強くない内にLv2の土地に進行すると徴兵が必要になり、資源の損失や時間効率が悪くなるので、領地が上限に達するまではLv1の土地を中心に領土を広げればいい。
Lv2の土地への進行はレベルアップ目的に行えばいいだろう。

Lv3の土地への出兵

部隊の兵力が1200を越えるとLv3の土地に進行出来なくもないのだが、その程度の戦力で攻めると徴兵費用がかさみ効率が良くない。

安定して勝つことのできる部隊兵力1600になった段階で、屯田用に各資源の分1領地ずつでも取っておけば問題ない。

統帥庁を建設できるようになり、部隊の人数が3人になった段階で本格的にLv3の領地を取って行こう。

コメント

コメントはありません。 Comments/序盤攻略?

お名前: