協力バトル

2018/6より実装される形式。いわゆるレイドバトル。(編集

家臣の武器に要注意!

  • 「家臣の武器種」によって、ボス相手に3すくみになる。
    技や術の属性とは全く関係無い。「家臣が装備できる武器の種類」で決まる。
    • 剣・大剣・斧は、体術・棍棒・銃の相手には強いが、小剣・槍・弓の相手には弱い
    • 体術・棍棒・銃は、小剣・槍・弓の相手には強いが、剣・大剣・斧の相手には弱い
    • 小剣・槍・弓は、剣・大剣・斧の相手には強いが、体術・棍棒・銃の相手には弱い
    • 「複数の武器相性を持つ家臣」「メカの家臣」は、どれにも該当せず、優劣自体がない。
    • ­ボーナス家臣」は、強制的に有利な扱い。
    • トレジャーハントの相性とは計算が異なり、与ダメージは「有利:普通:不利」で「1.5倍:1倍:0.5倍」となる。

ルール全般

  • 部隊は専用のものを3つ作れる。
  • 一度の挑戦で戦えるのは9ターンが限度。
  • バトル終了後、HPやLPなどは開始前の状態に戻される。家臣の成長も無い。
  • 協力イベント専用のフレンド(フォロー)機能を実装。
  • イベントクエストの煉󠄁獄級までの難易度でランダムにドロップする「作戦書」を使えば、主催者となれる。
    • 倒せない場合に、他のユーザーへ救援要請ができる。
      「相互フォロー」「フォロワー」「すべて」の3種類から範囲を選択。
      • 参加できるのは、主催者を含めて1つの討伐に20名まで。
    • 主催後の制限時間は1時間30分。
  • 挑戦には「共闘ポイント」を消費する。最大6ポイント蓄積可能で、2時間で1ポイント回復。
    時間経過以外にもアイテム「共闘の誓い(全補充)」「共闘の誓いハーフ(3個補充)」「共闘の誓いミニ(1個補充)」で補充可能。
    • 消費した量によって、与えるダメージが変化する。1個=1倍、2個=2.5倍、3個=4倍。
  • 報酬は、討伐内容に依存する「討伐報酬」と、討伐した数に依存する「討伐数報酬」がある。
    • 討伐報酬は以下の通り。
      • MVP報酬:与えたダメージが最多のプレイヤー
      • 主催者報酬:主催者として参加した場合
      • 参加者報酬:主催者以外で、1ダメージでも与えたプレイヤー
      • 貢献者報酬:ボスのHPの10%以上のダメージを与えたプレイヤー
    • 討伐報酬のドロップ確率は一律ではない
      難易度によっても異なるであろうが、作戦書および『トレジャーハントの無限報酬に当たるもの』は
      比較的手に入りやすく、皇帝4%チケットなどは非常に出づらくなっている公算が高い。
  • 作戦書はそのイベント終了時に全て失う。しかし作戦書は比較的入手しやすいことに加え、
    後述のように無理な難易度で主催してもあまり意味は無いため、勿体無いと思わず無理なく使える分だけ使おう。
  • LP消費のHP回復はなし。ただし削った敵HPはその後もそのまま。
  • 難易度は、超級・絶望級・煉󠄁獄級の3種類。

難易度選択について

報酬は、途中で全滅してもいいから「最終的に倒せれば」問題なく受け取れる。
討伐数は出撃ではなく倒したときにのみ増えるため、1体の敵に一人で何度も出撃するのは効率が悪い。
他プレイヤーと協力しながら、低い難易度を1倍攻撃1回ずつで倒していくのが最も無難。
討伐数が100になれば勝利のメダリオンが1つもらえるので、時間をかけて集めていくのも一考である。
 
なお「最終的に倒せなければ」、報酬は何ももらえない。
そのため、無謀な難易度に挑戦することは、共闘ポイントを捨ててしまうことに等しい。
 
特に主催する場合、主催者報酬があるため、つい報酬目当てに
高い難易度を選びたくなりがちだが、欲に目が眩むと罠にかかる。

  • 超級は、普通に戦えるプレイヤーが多いだろう。
  • 絶望級になると、技改造をしていない人は相性が良くないと苦戦する。
  • 煉󠄁獄級にいたっては、4倍攻撃を前提に、集団で戦わないと勝利するのは無理と思われる。
    無謀に主催しても共闘ポイントが無駄になるケースが多い。

また、主催した場合、ある程度ダメージを与えられない状態で救援を出しても、
他の人からは「倒せる見込みが無い」と判断されて、誰も救援に加わってくれないことがある。
また、救援してくれた場合でも、煉󠄁獄級だと戦力が足りてないプレイヤーで20人埋まってしまうと、
倒しきることができずに撤退される恐れがある。
こういう場合は、事前に強力な戦力を持つプレイヤーと相互フォローで態勢を整えておき、
主催後に救援対象を「相互フォロー」に絞るとよいだろう。